カテゴリー別アーカイブ: デザイン

パートナーこそ最大の武器!!        

パートナー

こんにちは!

春のように暖かい週末かと思いきや冬に逆戻り。

早く暖かくならないかと思う今日この頃・・・

打ち合わせに伺うとよく聞かれるのがホームページのアクセス数を伸ばす方法が

ダントツ多いのですがホームページを見てお店や会社を知っていただきたいのか?

商品を購入してもらいたいのか?

ブログや更新のテクニックなどの専門的な事は除いて

目的はさまざまあるはずです。

では、Web担当者を任されている方、止むを得ず自ら担当している方

web担当者がまず身につけるべきはどんなことでしょうか?

1、Webのコトバを覚える

単純明快で地味ですが覚える以外に方法はありません。

テスト勉強などと同じで英語の単語を暗記するように、一つひとつ覚えていきましょう。

あとは興味を持つことで無理なく自然に身につきます。

2、情報源を持つ

情報を得ることは知識になり財産にもなります。

最新までは行かなくても情報を得ることは重要でその情報をどこで仕入れるかが大切です。

インターネットで検索をして業界の最新情報が手に入る情報源を定期的にチェックしたり

専門誌を読むことも大切です。

3、まずはTRY

結論から言うとまずはやってみないと何もわかりません。

web上には色んな機能や操作方法、仕組みが存在します。

全マスターまで行かなくてもまずは試すことで知識が明るくなります。

4、強いパートナーを作る

一番欠かせないのは、Web担当者を支えるプロフェッショナルとしてのパートナーの存在です。

代理店や広告会社などのではなく自社のweb担当の方と考えを共有して、一緒に考えてくれるような人が理想です。

ホームページを作ってくれた会社の担当者と仲良くすることも大事です。

シンプルなデザインほど奥が深い!

シンプル

こんにちは!

デザインの仕事をする上で、クライアントさんの中には「シンプルで簡単なデザインでいいのでとりあえず作って下さい」と言う人がいます。

スバラシイ機能は無くても良いから、シンプルなものを作ってもらいたい、という要望。

シンプルは私も嫌いではないし得意な方かもしれませんがいざ出来上がって

デザインの確認をしてもらうと『なんか寂しい〜』

シンプル=寂しい ×

シンプル=最高峰 ◯

あっさりとして見えるものかなり手が加われている。

なぜならば、求められた表現に最大限に達成する為にシンプルなデザインになるからです。

シンプルこそ雑音もなく、整然としていますが奥が深く

逆に多くの言葉を使って物事を表現する事は比較的容易ですが

一言で同じ想いを伝える事の方が難しいのと似ている。

シンプルなデザインほど容易ではない

シンプルなものを作るにのは、テーマやプロセスをしっかり組み立てることが大切。

場合によっては複雑なものを作るよりも何倍も複雑である。

シンプルなデザインの威力

シンプルなデザインの持つ威力は計り知れない力があります。

単純明快で分かりやすく、使いやすく、強さを持っています。

メッセージやコンセプトもシンプルな方が伝わりやすくインパクトがあります。

最後に

一見シンプルは簡単に見えますが実は奥が深くデザイナーさんの考え方が込められていたり

シンプルさにも意味があります。

決して複雑なデザインがいけないのではありませんがお好みの方は是非お試しください。

デザインって結局なに??

design

こんにちは!

寒い日が続き連日の雪で私の住む所もガラッと景色が変わってしまいました・・・

インフルエンザも流行っているので手洗い・うがいを忘れず皆さんも予防対策してください!

今日のテーマですが『デザインって結局なに?』

何気に「デザイン」って言葉を使っていますが、理解してこの言葉を使えているだろうか?

と思うところもあったので、少し振り返ってみようと思います。

よく言われているのはデザインとは「設計」とか「問題解決」など、別の言葉に置きかえられて使われる事があります。

また、webやチラシなどの制作の話をする時にも「デザイン」という言葉を使う事があります。

見た目に対しても「デザイン」という言葉を使いますよね。

この時点でも「デザイン」にはいろんな意味が含まれているということがわかります。

そもそも「デザイン」はラテン語の「designare(デジナーレ)」という言葉から来ているそうです。

言葉の解釈を見てみると「ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現すること」と記載があります。

幅広い意味合いで使われるデザインという言葉ですが「設計」や「問題解決」に置き換えると意味合いが少し変わってきます。

ですが最終的には「表現」につながる言葉になります。

業種によって表現方法は異なりますが

つまり「デザイン」とは問題の本質を掘り下げ、解決のための設計を行い

設計に基づいた見た目(表現)を作り上げ、問題を解決に導く事になります。

人によって独自の個性が出で表現方法は変わりますが

webやチラシ、名刺でも専門分野の人が表現することで新たに『デザイン』というかたちに生まれ変わるのです!

【保存版①】検索エンジンの順位を上げる為の秘訣

seo
検索エンジンの順位を上げるためのSEO対策というのは経験がない方、時間を使った割には大した効果が得られないことが多い事が・・・。

また場合によっては順位を下げてしまうこともあります。

そここで今回は、検索エンジンの順位に効果のある対策をまとめてみました。
会社のweb担当の方、ブログでアクセス数を伸ばしたい方は是非今後の参考にしてください。

1、必ず実施すべき対策《titleタグへのキーワード挿入》

titleタグにキーワードが入っていない場合、検索エンジンでの上位表示は難しいです。
ポイントは32文字以内に抑えて上位表示させたいキーワードを不自然にならない程度になるべく先頭から順番に。
検索エンジンはtitleタグの先頭のキーワードをより重要視することを覚えておきましょう。

2、hタグへのキーワード挿入

hタグというのは見出しにあたる部分で検索エンジンがtitleタグの次に重要視する箇所です。
タグ内にキーワードを含めて検索エンジンに対して上位表示させたいキーワードを伝える事が大切です。

3、アンカーテキストへのキーワード挿入

同じサイト内のページ同士や自社で運営しているサイト同士をリンクさせる際にアンカーテキストでリンクすることがあります。
よく見られるのが「◯◯の解説はこちら」
よくやりがちですが実はNG。
検索エンジンはアンカーテキスト内のキーワードを読み取って上位表示させています。
アンカーテキストには必ずキーワードを必ず挿入しましょう。

4、被リンクの質

検索エンジンはそのサイトに対してのリンク元をチェックしています。このリンク元がコンテンツの薄い場合は価値がないサイトであると検索エンジンが判断をし評価を下げてしまいます。
誰もが読んで為になるようなしっかりとしたコンテンツからリンクをもらえば検索エンジンの上位表示に大きく影響してきます。

5、被リンク数

被リンクの質と同様に被リンクの数も検索エンジンの上位表示に大きく影響してきます。
質のいいサイトからのリンクが増えれば増えるほど検索エンジンでも大きく順位を上げる事ができます。

6、コンテンツの更新度

検索エンジンは常に新鮮で最新の情報を提供するようにできています。
その為、投稿間近の場合は上位表示されることもあります。
コンテンツの更新を頻繁に実施し、情報を常に最新のものにすることが大切です。

7、コンテンツ量

テキストの少ないページよりも多いコンテンツを抱えるページの方が検索エンジンで上位表示しやすくなります。キーワードを盛り込み内容の濃いコンンテンツにしましょう。

最後に
いかがでしたか?
今回は検索順位に影響を与えるコツを簡単にご紹介いたしましたが実施すべき項目を優先付けてしてトライしてみてください。
上位表示させたい気持ちはわかりますが最低でも数ヶ月以上と長期で根気よく出来る事を継続していきましょう。
つづく・・・